kumagusuku online shop

SHOPPING CART

「ベアトリス・バルクー × 奥村雄樹:心中熊楠城」展 カタログ

¥550

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • ゆうパケット

    厚さ3cm以内のものをポスト投函で配達できる日本郵便の配達サービスです。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥360

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

Report
2018年8月24日~ 2019年夏、kumagusukuの企画展第5弾として開催された「ベアトリス・バルクー × 奥村雄樹:心中熊楠城」のカタログブック。
中綴じの製本を折らずに左右どちらからも開くことのできる独特なデザインです。

価格:¥550(税込)

サイズ:210×297mm
ページ数:32P

備考:
【寄稿】橋本梓(国立国際美術館 主任研究員)
【デザイン】UMMM
【撮影】表恒匡
【印刷・製本】修美社
【発行】株式会社kumagusuku
【発行日】2019年5月25日

ベアトリス・バルクー × 奥村雄樹:心中熊楠城

私たちが初めて出会ったのは、2015年春のブリュッセルでした。その出会いに運命を感じたのは、世界中の他のどんなアーティストよりも、お互いの実践のうちに不思議な響き合いを見出したからです。何よりもまず、ふたりとも、それぞれ手法は異なるとはいえ、「作者」の位置づけをめぐる問いに基づいて、他のアーティストの作品や人生に何らかのメディエーション――媒介、介在、霊媒化――を施し、そのこと自体をみずからの仕事として提示してきたこと。それは一見すると作り手として自殺行為かもしれませんが、そこにこそ私たちの作者性は宿っているのです。さらにその際、決してその他者とコラボレーション――対等な立場による共作――をしてこなかったこと。私たちは、彼らと直に交わることなく、でも確かな敬愛に基づいて、その作品や人生に一方的に身を寄せてきたのです。でももしかしたら、そんな私たちふたりの間ならば、そうした分離を保ちつつ、なおかつ何らかの意味で「対等な」コラボレーションが成立するかもしれません。それにはどんな形がありえるでしょうか?

そんなことを考えながら2018年春の京都にやってきて、まず私たちが注目したのは、文楽の構造でした。そもそも私(ベアトリス)の振る舞いは「人形遣い」に似ています。とりわけ《無題のセレモニー》のシリーズにおいて。そこで私は、他のアーティストの作品を注意深くハンドリングすることで、少数の観客にそれを「鑑賞」してもらうための親密な状況を構築します。主人公はあくまでもその作品で、私はその背後に身を置き、実際には可視的でありながらも理念的には不在の身体として、それを操るのです。翻って、私(奥村)の語り口は「太夫」に似ています。とりわけ映像や音声やテキストを使った近年の各プロジェクトにおいて、私はさまざまなアーティストたちの声をひとりで代弁し、彼らの人生をこの体で生き直すからです。文楽の舞台において人形遣いと太夫(そして三味線弾き)は、各自の仕事をパラレルに進めることで、直に交わることなく互いをアシストし、同じひとつの物語を展開させます。ならば私たちふたりは、kumagusukuという舞台で「相補的な」アシスタンスを繰り広げながら、どんな物語を立ち上げるべきなのでしょうか?

私たちふたりは、こうした問いをめぐって対話を繰り返してきましたが、本展ではひとまずの実験として、互いに互いを媒介することにしました。それぞれの作品における「他者」という項目に「彼」でも「彼女」でもなく「あなた」を代入し、一方的な敬愛を相互に交差させるとき、その「相補」性を通じて、限りなく「対等」に近い関係が生まれるかもしれないから。そしてそこには自ずと、私たち自身の物語――「ふたりだけの世界」という不可能な夢が立ち上がるはずです。

【展覧会会期】 2018年8月24日~ 2019年夏
【出品作家】  ベアトリス・バルクー、奥村雄樹
【企画・コーディネイト】 奥脇嵩大 (青森県立美術館 学芸員)
【デザイン】 UMMM
【主催】 KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
【共催】 ヴィラ九条山
【助成】 公益財団法人 日本文化藝術財団
【協力】 シャトー・ボーセジュール、MISAKO & ROSEN、京都造形芸術大学ウルトラファクトリー、VOSTOK
【滞在制作助成】 アンスティチュ・フランセ日本、ベタンクールシュエーラー財団

ベアトリス・バルクーBéatrice Balcou

1976年トレギエ(フランス)生まれ。
ブリュッセル在住。

近年の主な展覧会に「宮本和子 <> ベアトリス・バルクー」Exile、ベルリン(2017)、「ベアトリス・バルクー|宮本和子」L’Iselp、ブリュッセル(2016)、「Un-Scene III」WIELS、ブリュッセル(2015)、「美の中を歩く」Casino Luxembourg、ルクセンブルク(2014)など。2018年6月から8月までヴィラ九条山にレジデントとして滞在(奥村雄樹との共同プロジェクトにて)。

www.beatricebalcou.com

奥村雄樹Masaki Okumura

1978年青森県生まれ。
マーストリヒトおよびブリュッセル在住。

近年の主な展覧会に「Na(me/am)」Convent、ゲント(2018)、「奥村雄樹による高橋尚愛」銀座メゾンエルメス フォーラム、東京(2016)、「な」@KCUA、京都(2016)、「Un-Scene III」WIELS、ブリュッセル(2015)など。2018年6月から8月までヴィラ九条山にレジデントとして滞在(ベアトリス・バルク―との共同プロジェクトにて)。

http://yukiokumura.com/

Reviews of this shop

RELATED ITEMS

RELATED ITEMS